まるごと学ぼう!!食育講座2017年度 作って食べて たべもの博士!

2017年度の「まるごと学ぼう!食育講座」は家庭にある食材を使って料理を作ろうをテーマに全4回の連続講座を行います。現在、社会状況や家庭の事情により、多くの家庭が共働きとなっているにも拘らず、家事は未だに母親の肩にかかっていることが多いのが 現状です。食生活の面では中食や加工食品の種類も豊富になり、食事の支度や後片付けなどに時間をかけられない家庭には便利な半面、栄養の偏りや個食などで子どもや家族の心身の健康が心配されます。しかし家族が協力し合って食を支えることで、毎日の食事の質を高め、健康の改善をはかり、家族が共に過ごす時間を増やすことができるのではないでしょうか。

今年度は、講座の基本である地産地消と、和食を基本にした調理の仕方、栄養バランスなどの食の知識、そしてどの家庭にもある食材を使った料理を作ることで、子どもたちが生活能力や自炊力を身につける講座を行います。また、8月の現地学習では安平町の内藤あんがす牧場へ行き、肉牛の生産や食べることは命をいただいているということを教えます。

2017年度は子どもたちが食と栄養の大切さを理解し「ご飯を炊く」「家にある食材を使って味噌汁や料理を作る」「食事の準備や後片付けをする」など、家庭内で食を支える力を発揮し、自立への自信に繋がることを目指して活動を進めて行きます。

お料理もチームワーク!一緒に作る「愛情ごはん」。

家族と食べるごはんは、「おいしい」。自分で作るようになると、「もっとおいしい!」。北海道食の自給ネットワークの食育講座は、子どもたちが楽しく料理をしながら、旬や命について学び、自炊力を身に付けることが目標です。2017年のテーマは「愛情ごはん」。家族が協力して作る、毎日のおいしい“ごはん”をみんなで学びましょう!

受講生の募集は〆切ました。
※pdfデータはこちらから。
まるごと学ぼう!!食育講座2017
食育講座2017募集要項

2017年度食育講座
2017食育講座募集要項

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.