2005年8月 ふれんど日誌

2005年08月30日   雨上がりの大収穫!

全国局の「元気です日本列島」と北海道の「ほくほくテレビ」の取材があり、2時半ころから前者の生中継。のはずが、なにやら雲が厚くなり雷ゴロゴロ…ついにザーザーの雨。「NHK関係者の中に雨男がいるな」などと噂をしながら1時間以上やむまで待機。結局「元気~」の生中継は中止になり、「ほくほく~」の収録のみでした。放送は5時半頃から始まり、私はとお~くの方にエキストラ(?)として映っていました。

畑の報告をします。収録が長引いたため収穫は5時半過ぎから開始。雨上がり後の野菜たちはみずみずしく、土の香りもいつも以上に感じることができました。

かぼちゃ、ピーマン(大量)、ナス、莢からはちきれんばかりのインゲン(大量)、とうきび、キャベツ、唐辛子、枝豆…それはそれはたくさん採れました。そして初めて手頃な大きさのズッキーニを発見し収穫。が、その周辺には3つの超特大ズッキーが…。三田村さんは「このままにしておいて種採ったらいいよ」と苦笑い。

ニンジンとブロッコリードシコはきれいな花が咲いていました…。有機の種はやっぱり難しい?!両隣に蔓がお邪魔しているオバケかぼちゃはなかなかの出来。ハロウィンに活躍しそうです。ヤーコンも順調です。

たしか植えたはずのオクラは、本当にオクラ入りしてしまった模様。スイカも残念な結果となりそうです。
それでも、自分たちの手で育てた野菜を収穫できる喜びをかみしめ、心から「自然の恵みはすばらしい」と思うのでした。

次回は枝豆がたくさん採れそうですよ。11日の小学校の日は、お米の調査が入り三田村さんが授業ができないため、自習になりそうです。

images (3) images (4) images (5) images images (1) images (2)

2005年08月01日   ホニャララ号

畑も夏真っ盛りといった様子で、大きくなった作物と雑草が俄然存在感を増していましたが、一年前のように雑草に隠れて作物が見えない!といったことはなかったです。

4人で一時間の草取り作業の後、ナスとピーマンにツタンカーメン豆(サヤは名のとおり妖しい色でも、中身は普通の黄緑色でした)、そして大量のケールの葉を収穫しました。

次回は今回のに加えてカボチャとズッキーニが採れると思います。これからは収穫量がどんどん増えていきます。収穫は授業日以外でもOKなので、時間のある時には皆さん誘い合わせて畑に行きましょう。
水田に浮かぶ、件名のイカダにも乗れます!

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.