2005年7月 ふれんど日誌

2005年07月31日   楽しさの条件(?)

7月30日・31日に「ふれあい体験農園みたむら」(由仁町)の三田村さんが主催されたサマーキャンプのお手伝いに行ってきました。サマーキャンプの参加者は小学生を中心とした親子など総勢25名。このサマーキャンプ、”サバイバル”だと言うことで、設定は”農村で遭難し、とある農家のお宅に泊めて貰えることになった…”というもの。全てを書くことは出来ないので、子ども達と行動を共にした僕が感じた3つの”いいな”を書きたいと思います。

2005.7 2005.7-2

「石窯で焼いたピザ」
夕食のメインとなる石窯ピザ。石窯は大人達が100個ほどの煉瓦を組み上げて作ったもの。これに薪をくべ、ピザを焼くのです。また、”サバイバル”という設定なので、食材は自分達で調達。子ども達は畑に野菜を求め、養鶏農家に卵を求め…。クモの巣をかき分け、『おっきいのがいい!』と大きなナスを探し回る子、面白い形をしたトマトを発見し大喜びする子、背伸びしてやっと届くキュウリに四苦八苦する子。もう、収穫それ自体が楽しい様子。そうして収穫した野菜は、自分で伸ばしたピザ生地にトッピングし、石窯に入れて2分弱。自分の手形の上に野菜をトッピングしたものや顔の形に見立てたものなど、楽しく美味しいオリジナル・ピザが出来ました。

「ドジョウの棲む小川」
三田村さんの田んぼの横を流れる小川に、ペットボトルで作った簡単な簗を仕掛けて待つこと一晩。するとそこにはドジョウが何匹もかかっていました。僕自身もドジョウを知らなかったこともあり、子ども達と一緒になって観察しました。田んぼ・畑の周りには他にも沢山のトンボ、カエル、バッタ、クモ、コガネムシ、…。などなど、三田村さんが環境に配慮した農業をされていることもあってか、様々な種類の虫たちが沢山棲んでいました。

「ほにゃらら号」
ほにゃらら号とは田んぼの横にある小さな溜め池に浮かぶイカダ。昨年の台風による倒木を組み、その下に入れた発泡スチロールで浮かすというもの(挿絵)です。子ども達はこのイカダに我先と乗り込んで遊んでいました。他にも、カエルやトンボを捕まえたり、美味しいハスカップの木を探したり、星座のお話を聞いたり、星空観察をしたり、農園内の葉っぱをあてるクイズ(ネイチャーゲーム)をしたり…。日中、目一杯体を動かして遊んだ子ども達は、寝床となったビニールハウスで10分足らずで夢の中。余程楽しかったのだと思います。

「石窯で焼いたピザ」(美味いもの)「ドジョウの棲む小川」(良いところ)「ほにゃらら号」(面白いこと)の3つの”いいな”が組み合わさったサマーキャンプ。-自然のなかで、思いっきり遊んで、美味しいものを食べる-。子ども達の姿を通じて、”こんなに楽しいことがあったんだ”と改めて感じることが出来ました。当たり前かもしれないけれど、人を楽しませるにはやっぱり「良いところ、美味いもの、面白いこと」なんだなぁ、と思うのでした。

2005年07月17日   居残り

まず小学校近くの農園で原木栽培の椎茸狩り。栽培方法などの説明を聞いた後、収穫。
大きくてしかも肉厚。刻んでもしっかりと味が出ていた。常備の袋で@300円、年中収穫OKとのこと。

再び小学校へ。作物の様子。
とうきび→穂が見えてきた。
ケール→まずまずの大きさ。2把収穫。意外と食べやすい。
人参→初めから見たら順調に成長。
カボチャ→身をつけ始める。最大で直径10㎝強。
ナス・ピーマン・トウガラシ→1~数個収穫。

そして、作業は草取り(主にスギナ)、追肥、ツタンカーメンとピーマンの支柱立て、水まき。
不器用な上、不慣れなので作業が遅いこと。そのため居残りになり、個別指導まで受けた。
肥料が必要なとうきびとそうでない枝豆を隣り合わせにするのはNG↓とのこと。来年気をつけて。

帰りに牛小屋でアイス。そして家ではBBQの真っ最中。ビール&お肉を流し込んだ(^

 

2005年07月05日   ラディッシュ収穫!

url

どの作物も伸びていてチトびっくり!前回、激励されていた人参もちゃんと成長していた。
あと、ラディッシュが完璧だったので急遽収穫。ほどよい辛味でした。

そして、その空きスペースにエキストラベッドのブロッコリーの一部を移植しました。
今日は雨だったので作業はこの程度でした。ミニトマ美味かった(o^-^

 

2005年07月03日   畑は守った!

imgres

今日の農業小学校は都合により私一人での参加でした。
朝は由仁駅から歩いてみたんですが、遠かった…いないと思いますがよい子は真似しないように。

午後から用事があったので午前だけでしたが、草取り、追肥に水やりはしっかり行ってきました。
圃場図を見ていなかったのでこれは何?という作物もありましたが、校長によるとふれんど畑では毎度の晩てながら生育はまずまずとのこと。

今年の初収穫として、ピーマンを二個持ち帰りました。それと三田村さんのハウスに行ってミニトマトをたっぷり収穫。これからトマトが美味しい季節なので次からの参加者もお試しあれ!
ちなみに次回は弁当不要です。きっと夏野菜を使った料理が食べれるよ。去年はカレーでした。

 

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.