2005年6月 ふれんど日誌

2005年06月22日   畑は守られた!

2005.6

ここ最近雨が少なく、土はカピカピ。それでも雑草はニョキニョキ生えていたため、まずこれらを退治。1時間ほどで13畝全てきれいになりました。トンネルにしていた布や支柱も全部撤去。ヤーコンやピーマン、かぼちゃ等、みんな順調に育っていてひと安心!ニンジン、ビートはもう少し頑張ってほしいです。

前回植えたというイタリアンパセリは、「本当に植えたの…?」と目を疑いたくなるほど1つも芽が出ておらず、諦めて代わりにキャベツを植えました。

空いていた5畝には、くらかけ豆16株、スモールシュガーパイパンプキン×3、ズッキーニ×3、スイカ×3、お蔵入りしそうなオクラ×3を移植。その他隙間を利用してケール×10、ブロッコリードシコ×5を植えました。これで全ての畝がうまりました。最後はマルチと水やりで終了!

作業の量が割と多く、昼過ぎから始めて終わったのは17時でした。が、水を浴びてキラキラしている苗たちを見ると、すっきりさっぱりした気持ちになるのでした。次回までにどのくらい成長しているのか楽しみです。今年も様々な種類の野菜ができそうです。新種もたくさん!どんな料理ができるかな?

●ひとつ反省点…適当に(?)苗を作りすぎたためか、畝におさまりきらないという理由で、悲しい運命になった苗が多々いらっしゃいました。今後ポットに種を播く時はどのくらい必要かよ~く考えましょう。

 

2005年06月05日   草抜き・苗植え・苗作り・田植え

2005.6-32005.6-2

午前は雑草抜き・苗植え・苗作りをし、午後は田植え体験をしました。
雑草は寒さのためにあまり生えてきていない様子。でも、先回に作った苗もあまり生長していませんでした。オクラは発芽率も悪く、5ポットのうち1ポットしか発芽していませんでした。豆(ツタンカーメン)とインゲン豆(ケンタッキーワンダー)はポット苗から移植。新たに作ったポット苗はブロッコリー(ドシコ)、ケール(レッドロシアン)、スイカ(シュガーベイビー)。新たに畑に蒔いたタネはラディッシュ、ビート、イタリアンパセリ、五寸ニンジン。

午後は田植え体験。久しぶりの泥の感触に目覚めつつ(?)、「反収を増やすのだっ」と意気込んで、隅々まで苗を植えました。5才ぐらいの女の子が、何気なく尻餅をついて、「どうしたの?」と言わんばかりに平気そうだったのが印象的。カエルやドジョウを捕まえる子もいて、生態系が豊かなんだなぁと感じました。

2005.6-1

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.