2005年5月 ふれんど日誌

2005年05月22日   春が来た

2005.5

今日は午前暖か、午後涼しく最高の作業日和でした。社会人として生まれ変わった僕は、これでもう雨男返上ということでよろしいかなと?

参加三年目になり、だいぶ勝手も掴んだつもりで張り切って耕したものですから、夕方には頭がぼーっとなりました。今まだ帰りのバスの中ですが二時間ほとんど眠ってました。

それでも、この作業をやると、ああ春が来たなと実感できるのです。
今日はピーマン、ナス、トウキビ、枝豆、カボチャ、シシトウの苗を畑に植えて、くらかけ、ツタンカーメン、エンドウ豆の種をポットに蒔きました。

 

小学校スタート!

農業小1日目がお天気で本当にラッキーでしたね!風も心地よかった~。

私は今年2年生。より観察力を磨き、技術も磨きながら、昨年以上に楽しみたいと思います。今年はとりあえず「これは食べたい!」というものを優先しながら作付け計画をしました。種まきや苗の移植は「ちゃんと育つかなぁ」といつもドキドキです。

今年はツタンカーメン(豆です)やオクラなど、変わり種にも挑戦。無農薬・無化学肥料で育った作物のクリーンな種も播いたので、少量でも種採りをしたいと思います。みんなの野菜たちが元気に育ってくれますように!

 

うれしい限り!

農業小学校一日目おつかれさまでした。

初日に快晴でうれしい限りでした!
親子参加の方たちが多く、子供たちが走り回っていて今年はとてもにぎやかになりそうですよー!みんなスコップをもってがんばってたなー。私も、今年、農業小学校1年生なので子供たちに負けないようにがんばります。

最初くわで畑の土をおこすのも初めてだったので、なかなか思うようにいかなかったです。でもいい土になるように気をいれておきましたので、おいしいものがたくさんとれはず!

明日からは今まで以上に天気が気になりますねー

 

入学式

imgres images (6)

夕方に家に着いてから、さっきまでコンコンと寝てました。朝10時から夕方4時まで、入学式、畝立て、植付け、ポット作り、トンネル作り、看板作りと「あっという間」。

畝立てのやり方、作物ごとの条間、ポット苗の移植の仕方、稲わらによる風からの保護・加温、トンネル作り…などなど、いろんな事を知ることが出来、とてもよかったです。

美味しい野菜達が出来ることを考えると、楽しみ。去年は途中からの参加だったけれど、今年は最初から最後まで、なるべく参加したいなぁ、と思うのでした。

今日、初めて無殺菌牛乳の「想いやり牛乳」を飲みました。
殺菌した牛乳はよく「焦げ臭い」という言い方をされるけど、それがどういう事か、よく分かりました。
「あぁ、おいしい…。」と心から思いました。ほっ

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.