アニマルウェルフェア・ネットワーク(通称「あにふく」)2019年度

2019年度は肉牛についての学習をさらに進めます。6月29日には瀬尾先生から肉牛のアニマルウェルフェアについてお聞きし、畜産バイヤーから肉の販売の話をお聞きします。(チラシ参照)
11月10日にはかねてリクエストのあった屠畜場について話を聞きます。今まで家畜飼育の現状について何度か学習してきましたが、最期の場となる屠畜場で家畜はどのような扱いをされているのか?(一社)アニマルウェルフェア畜産協会事務局で獣医師の奥野尚志氏から話していただきます。肉を食べるには避けて通れない屠畜、現状と問題点をぜひ一緒に学びましょう。


あにふく(アニマルウェルフェア)学習会

『牛の育つ環境と流通について』

アニマルウェルフェアとは家畜たちが心地よく過ごせるように配慮した飼い方の事です。今回は肉牛のアニマルウェルフェアについて学習します。
どんな環境で育った牛の肉が「霜降り肉」になるのか?高価だからおいしい肉なのか?
流通や販売の実情についての話も聞きます。是非ご参加ください。

■日 時 6月29日(土)13:30~16:00
■会 場 札幌エルプラザ 2F 環境研修室2 (札幌市北区北 8 条西 3 丁目)
■参加費 自給ネット会員400円、一般500円

「肉牛のアニマルウェルフェア」
講師:瀬尾 哲也氏(帯広畜産大学畜産学部准教授)
「流通・販売の現場から見た牛肉の話」
報告:小野寺 圭史氏(生活協同組合コープさっぽろ生鮮本部畜産部バイヤー)

 

2019年6月あにふく学習会チラシ

『牛の育つ環境と流通について』

『牛の育つ環境と流通について』

お申込み・お問い合わせ

TEL.090-2818-5502(事務局)
FAX.011-789-8880
E-mail:info★jikyuu.net(★を@に置き換えて)

Copyright(c) 2013 NPO法人北海道食の自給ネットワーク All Rights Reserved.